subu100日記

G的 食と心と身体と生活の日記

ベニスに死す

"ベニスに死す"って映画を観た

映画の中でもコロナが流行していて今と同じような状況を映していた

訪れる観光客が減るのを恐れて 街は感染病の事を公にせず 観光地が荒れてゆく、、、

普段なら 一つの時代の背景としてあまり気にしないのだけど たまたま観た映画があまりにもタイムリーな内容だったので より一層興味深く観てしまった

 


毎年 年度末の日は色々とバタつくんだけど 

今年は静かに終わってしまった

自分は個人事業主なので コロナ騒動でクライアントからの契約解除を言い渡されるのが今はとても怖い

経済産業省から個人事業主フリーランスへの配慮を求める発注事業者への要請 と言う文書が出ているけど どうなるか分からないし 自分でもどうしようもない事なので不安ばかりつのります

でも もし仕事を失ったら 開き直って暫くのんびり旅行でもしようかなぁ なんて事も思ってたりもしてます

取り敢えず今はコロナウイルスが早く終息してくれる事を祈るばかりです

f:id:subu100:20200331214150j:imagef:id:subu100:20200331214203j:imagef:id:subu100:20200331214213j:imagef:id:subu100:20200331214229j:image

 

雪景色

久しぶりに雪
住んでる地域では降ってもあまり積もることが無かったので
まさかこの時期に雪景色を見れると思っていなかった
小池都知事の執念が天に通じたのだろうか、、、
確かに彼女には時々何か強いものを感じさせられる

春なの真冬並みの天気に外出自粛
朝からSNSで知り合った人たちと 情報交換したり
録りためた映画やバラエティー番組を観倒したり
youtubeで自重トレーニングしたり

一日 一歩も玄関から外に出なかった

でもこんなこと毎日やってられないし
今 外出禁止になって不自由な生活をしている国や地域の人達の気持ちを
ほんの少しだけ感じる事が出来たような気がします

今までこのウイルスに感染しないようにと 主に考えてきたけれど
これからは 他人に感染を広げないように自分の行動を変える時期が
来たのかなって感じています。

f:id:subu100:20200330073729j:image

 

国際的な協調

オリンピックの文字がメディアから消えて TVが新型コロナの感染対策一色になったんだけど よく考えたら 世界がウイルス対策で一つの目標に向かって協力していると言う理想的な世の中なんじゃないかと感じている

 

細かいニュースが ただ単に見えなくなっているだけの事かもしれないけれど 今までこんなことを感じた事が無かったから、、、

この騒ぎを機に少し世界が協調し合って今よりもっと住みやすく変わっていってくれたらなんて思っています

 

今も戦々恐々としているNYの友人から 東京も外出禁止になったら 買い物に出る時はゴム手袋もするようにってメールが来た

少し前 TVで外国人ジャーナリストが同じような事を言っていたのを思い出した

 

先程友人からNY市長が5月までロックダウンの可能性を示唆したってメールが来た もし東京で同じ事になったらと考えるだけで恐ろしくなる

 

家の近所の桜の名所では見頃になった花がいつもよりも少し寂しげだった。

f:id:subu100:20200327215924j:image
f:id:subu100:20200327215929j:image

にがくてあまい

オリンピック延期のニュースを聞いた矢先 感染者数が増え出して 近い将来に東京がロックダウンされる予感がして来た

 

先日早朝に渋谷駅を利用した時にクラブやバーの閉店時間に 外に出された若者で溢れた街や駅のホーム、電車内とかを見て 最悪の状態は時間の問題だな なんて思ったのが 現実になって来た気がする

ロックダウンされたら みんな地方に散らばって その地域からまた感染が広まる、、、

 

にがくてあまい って映画観ました

"おっさんずラブ"と"昨日何食べた"をミックスしたイメージの何だか心に温かい雰囲気でとても良い映画だった

元々BL漫画の実写版でゲイの登場人物をとても明るく軽い感じで表現しているのと LGBTを話の焦点に持って来ていないのがとても良かったかなと思いました。

こんな映画 色んな意味でもっと増えれば 多く人達の心に無意識のうちにLGBTが普通の事だと擦り込まれていって もっと住みやすい社会になるんじゃないかなぁ😉

 

さっき都知事から出されたメッセージ

f:id:subu100:20200325192945j:image

 

 

 

デート?

午前5時前に家を出て 待ち合わせ場所に着いたのが午前7時前 そこからトレッキングのスタートです。

コースは三浦半島縦断 大楠山に向かって登り向こう側に下る 7.3km  前日まではとても不安でしたが 約3時間半で無事踏破しました 

気温も丁度良く風も気持ちいい 適度に汗をかいて 初めてにしてはなかなか良い感触😉

普段使わない筋肉を使った感じで ジム休んでいる自分にはいいトレーニングになった感じです

全てのことをセットしてくれてた彼にとても感謝です

 

昼飯食べて 海岸で遊んで温泉一緒に入って、、お前ら付き合ってるのか?って感じで楽しんできましたが

このまま 進展も無く普通の友達になっちゃうのかなぁ〜って 感じもしてて複雑な心境でもあります

コロナウイルス騒動で溜まりまくっていたストレスをかなり解除することができました

明日からまた仕事 頑張ろ!

f:id:subu100:20200327070129p:imagef:id:subu100:20200322190301j:image

f:id:subu100:20200322190320j:imagef:id:subu100:20200322190328j:image

f:id:subu100:20200322190425j:imagef:id:subu100:20200322190351j:image

 

別のシナリオ

春の嵐の日にオリンピックの聖火が到着して テレビで賑々しく中継してたけど 一番見たかったのは ブルーインパルスの五輪の輪のパフォーマンス

しかし風が強すぎて 五輪マークと言うよりは五色の絡まった青空に浮かんだ毛糸だった

後のニュースでも崩れた五輪の映像はUPされず、、、

出来れば東京の上空で別の日に仕切り直ししてほしいです

 

そしてさっき

IOCが五輪開催について別のシナリオもある と語った事がニュースから流れてきた

 

昨日 最近お気に入りの奴と まだ全然咲いてない花見をちょい見スルーして 蕎麦屋飲み会して来ました。

山登りが趣味という事で 興味を示したら 次の日曜に連れて行ってもらえることに

すごく嬉しいけど 始発で集合とかスパルタで鍛えるとか言われて 微妙に後悔しましたが 必ず温泉はセットされるという事を聞いて後悔ブッ飛びました

今から妄想膨らんでドキドキです

f:id:subu100:20200320121829j:image

 

歴史が変わる時

最近NYに住んでいる友人から 毎日 向こうのコロナウイルスの情報が来るようになりました。

それだけ戦々恐々としてる感が伝わってきます 幸い東京は外出制限されてい無いしレストランも開いているし 今迄の危機意識が少し緩んできた頃なので いま一度感染対策ちゃんとしないといけないなって思います。

 

昨日は偶然会った友人夫婦にランチを誘われ春を味わってきました

こんな時世なので 席間も何時もより広く取ってあり ゆっくり贅沢な時間を楽しむことが出来ました。

少しはストレス解消出来たかな、、

 

世界の歴史が変わる時なのかなぁ って思うと何が起こっても不思議じゃないし それを受け入れていかなければならないと思う

なんて 最近思うようになってきた。

f:id:subu100:20200319073547j:image

f:id:subu100:20200319073553j:image